FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ただいま、梅の近くは八重桜が満開です。
そんな桜をT6&B6全員と見てみたいと思った、「お前は無理という言葉を知らないのか?」SS(笑)

トップバッターは子犬こと、サルこと、真田先生。
そんなに甘くないです。いや、甘い以前に、真田先生って甘くできないです(苦笑)

読んでくださる方は、下の「Read More...」よりどうぞ☆


ピンク色の招待状


「ん?」
前を行く、真田先生の肩に、頭に、ピンクの花びらが乗っている
この学園はすぐ側に見事な桜並木があるから、きっとお昼休みに見に行ったんだろう

「真田先生、桜、ついてますよ?」
「え?マジ!?うそ、ヤベェ・・・うわ、ホントだ!!」
頭の花びらを払いながら、どうしよう、バレバレだよなぁと独り言の連続。
これは聞いてくれ、ってことなのかしら?
「あの・・・お花見してきたんじゃないんですか?」
「え、あの、そうじゃなくて!!あ・・・あれ!!そう、桜どんなかなぁって見てきたんだ!」
花びらが積もるほど?
まぁ真田先生らしいって言えばらしいかな?

「そ、それよりさ・・・」
「はい?」
ふと、花びらを払う動きを止めて、私をみる真田先生は真剣そのもの
「あの・・・えーっと・・・お、俺と!」
俺と?


「真田先生!君はこんな所に花びらをまき散らして何をしてるんですか!!」
あ、二階堂先生。
「あ、先輩・・・いや、まき散らしてるわけじゃ・・・」
「早く掃除してください。先生も、肩につていますよ、花びら」
「あ、ありがとうございます」
「もう散り始めですね。花見なら、急いだ方が良い。では、私はこれで」

「で、真田先生、何か言いかけたようでしたけど?」
「いや、いいんだ・・・ほら、花びら、このままじゃ、また二階堂先輩に怒られちゃうしさ」
と、下に落ちた花びらを集めてる真田先生の頭の、髪の毛の中にピンク色一枚。


「真田先生、桜、もう散っちゃいます?」
「ん~もうすぐ終わっちゃうね・・・お花見出来なかったな」
仕方ないか、と頭をかきながら、また先輩に怒られたしね、と笑う真田先生。
「私、今日早く帰れそうなんです。良かったら一緒にお花見しませんか?私もまだ、見てないんです」
「ほ、ほんと?ヤッターーーー!!!」

バンザイをしながら、何度も何度も飛び跳ねる先生は、まるで生徒のようで。
なんだか、そんな先生を見ていられるのがとても嬉しい春の日だった


「良かったな・・・よかったな、真田・・・」
嬉しそうに何度もバンザイをする真田先生を、遠く見守る二階堂先生でしたとさ☆

<終>
2008.04.24 Thu l VitaminX l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://umetoro7.blog40.fc2.com/tb.php/5-7dba5b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。