FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
文字色九影先生、誕生日おめでとーーー!!!

てな訳で、プレゼントは勿論私です。返品不可です。イヤなら嫁に来い!(脅しですか?)
そんな愛がたっぷりの、九影センセへの誕生日SS。ってその日に書いちゃう辺りが私らしいと笑ってくださいませ☆



オリキャラの藤沢美雪先生登場です。恋人っぽいくせに、まだ一歩踏み出せない九影先生がいます。そーゆう設定がお嫌いな方は読まれない事が賢明ですwチュウ☆とかしちゃいます。ラブラブです。甘い上に無駄に長いです


読んでくださる方は「Read More...」よりどうぞ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ん・・・ここは・・・あ、そうだ、俺は・・・

ふと視線を天井から横へ。
小さい寝息をたてながら、まだ寝ている

ゆっくり体の向きを変える
小さくベッドが悲鳴を上げる
柔な作りだぜ、と苦笑し、寝息をたてるその人の髪を撫でてみる

夢じゃ・・・なかったんだな・・・


@ハッピーバースディ、九影さん。@


「綺麗ですね、満月」
「だろ?ここは意外と穴場なんだぜ?」

十五夜の夜。
お月見って事で九影さんに呼び出された
郊外の小高い丘の公園。

「風が冷えてきたな。そろそろ・・・」
帰るか、と言いかけたその言葉を遮るように絞り出す願い
「九影先生、お願いがあるんですけど!!!」

しばらくの沈黙。
「・・・わりぃ、あの・・・ここで待っててやるからよ、行ってこいよ」
「はい?どこにですか?」
「どこって、トイレじゃねぇのかよ?」

真っ赤になってる九影さんを見て、それだけで胸がいっぱいになって。
ったく、さっぱり分らねぇって頭をガシガシかく姿さえ愛おしい


「お願いだから、今日は私と一緒にいてくれませんか?」

さらりと言葉に出来たお願い。
しかし、言われた本人は固まったまま、だ。

「お前さん、自分の言ってる意味、解ってんのか?」
「はい」
「・・・俺も男だぞ?」
「はい」

「少し早いけど、九影さんの誕生日、お祝いしたんです・・・ダメ、ですか?」
「ダメな訳・・・ねぇけど、よ・・・」

言葉が濁る
解るから、その先が聞けない。

「お前を大切にしたい」

そう言われた事がある
大切に、宝物のように九影さんは私を扱う
優しく、壊れ物でも触るかのように、そっとふれる
抱締めるときも、キスの時も、そっと、そぉっと。
だから、自分からこういう事を切り出す事の迷いはあったけど
でも、よく考えて、それで今日にしようとホテルの予約も取った

我ながら凄いと思いながら。

ただ、不安はあった
九影さんが、今みたいに優しく拒絶する不安
優しいから
大切だから

だから拒絶。


「帰りましょう、九影さん。ごめんなさい、さっきの事忘れてください」
笑えていただろうか?
「あぁ・・・」
先を歩く九影さんの背中
真上から月が眩しいくらいに照らす
ふと、立ち止まってもう一度月を見上げる
ボンヤリとにじむのは、きっと涙のせいだ

泣いたりしたらダメじゃん、私。

目を閉じる
涙が頬を伝う
その涙を、指がぬぐう

「九影さ・・・」

言葉は発する事を許されず。
息も出来ないほどの、強い口づけから解放されてなお、私は抱締められていた

「本当に・・・良いのか?俺はお前が思うほど優しくねぇぞ」
「・・・」
「それにガッカリさせるかもしれねぇ・・・それでも」

「九影さんの誕生日をお祝いしたいんです・・・私」
「アホ、俺はお前さんがいるだけで・・・それだけで良いんだぜ」

照れ屋さん
そんな事、私の目をみて言えない位の照れ屋さん
今、どれだけ真っ赤な顔してるのかも、解らないけど
そんな貴方も大好きですって言ったら、もっと赤くなるんでしょ?


手をつないで歩き出す
ホテルに着いてからは、お互いあまり話題がなくなってしまった

頼んであったシャンパン
小さなケーキ

普通こういうのは男がやるもんだろ?と九影さん
最近は女性だってやるんですと切り返す
豪快に笑って、そうだな、そんなもんだなと納得してる
笑う九影さんに、やっとほっとした


シャンパンで乾杯
これからも、貴方の時間と、私の時間をすこしづず、こうやって重ねて行って良いですか?
貴方の横で、同じ景色を、同じように笑って見ながら・・・

「九影さん」
「ん?」
「誕生日、おめでとうございます」
「おう、ありがとうな。・・・こりゃお礼も考えねぇとな」
「え?良いですよ!!」
「いや、ダメだ」

「お前の誕生日、予約だ。良いな?」

ずるい・・・そんなの。
逆にプレゼントされちゃったみたい

「じゃ、その次の九影さんの誕生日も予約です」
それじゃ、予約な?とキス。

シャンパンの味と、ちょっと照れてる九影さん
もう一度耳元で貴方だけに。

大好きな太郎さん、お誕生日おめでとう☆

<終>
2009.10.06 Tue l VitaminX l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://umetoro7.blog40.fc2.com/tb.php/34-257f4a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。