FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
また九影先生かよ!とかいうツッコミは無しで。
今回はラブラブな甘いやつと言う訳ではないはず・・・ハズなんだけどなぁ?
結局最後は甘めです。その上ちょっと長いし。どんだけパンダかぶせたいんだ!!


中華街に行って来た真田先生のお土産は?!きっとパンダです(笑)


読んでくださる方は「Read More...」よりどうぞ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


あなたが笑ってくれるなら、それでいい

「可愛いでしょ?」
確かに可愛い。真田先生が被っているパンダの帽子・・・と言うか
かぶり物、と言うか、フカフカの帽子その物がほぼ、パンダの顔になってる
「でね、これを俺は九影さんに被らせたいんだ!」
「な!・・・真田君、冗談はやめなさい」
二階堂先生まで呆れている。
衣笠先生は面白そうですね~と微笑んでいて
鳳先生は暖かいね、と言いながら被ってみて、面白いんじゃないかい?と言い出す

「で、先生の出番!」
「なんで私なんですか?!」
「それは一番九影君が、お願いされたら弱そうな人、って事ですね」
衣笠先生は相変わらず楽しそうに微笑んでる
そうでしょそうでしょ?って真田先生も乗り気だし・・・

確かに面白そうだ、とは想った。
このパンダを被った、あの九影先生を見てみたいと想うのはウソじゃない
でもなーと渋っていると後ろから聞き覚えのある高笑いが聞こえた

「ハーハッハッハッハッハ!!面白そうな話だな、担任?」
「パンダって辺りが良いよな!」
「翼君、ハジメ君・・」
に、B6全員がいる?!
「オレ様を差し置いてイタズラの相談なんかしてんじゃねーぞ!?」
「おやおや清春君は難しいコトバを良く知ってましたね」
「黙れオバケ!」
「それより、あのパゲにこれを被らせるんだろ?最高に面白いじゃないか」
「シュンシュンポペラ楽しそうだね!!」
「頭を温めるっていいの?・・・くー・・・」
「斑目寝るなぁぁぁ!!」

で、結局私の手にパンダの帽子。
そこかしこに隠しカメラ。なぜかB6とT4(九影先生&葛城先生以外)が乗り気で
あっという間に職員室にこんなにたくさんの隠しカメラを仕込まれて・・・

なんだか騙すみたいで嫌だなぁ・・・
でも被ったら(想像してみた)・・ぷっ可愛い!

「なんだ、キヌさんここにもいねぇのか?」
「あ、九影先生」
いつもの笑顔でどうした?と返事をしてくれる
どう切り出したらいいんだろう・・・
「ん?なんだ、その白いヤツ」
「あ、これ真田先生の中華街のお土産で・・・帽子なんですって」
へーアイツにしちゃ、実用的なもんかってきたじゃねぇかと笑う
本当ですねって答える
「じゃ、早く帰れよ?外暗いからな」
え?あ、あの・・・
キヌさんどこいっちまったんだぁ?と言いながら葛城先生を引きずる九影先生
小さい声で「早くしないと行っちゃいますよ?」と衣笠先生の声がした
Shit!と舌打ちをする翼君の小声も聞こえる
でも足が動いてくれない

「見てられん!!パゲ!これをかぶれ!」
「やっぱり隠れていやがったな、クソガキ!」

はい?
瞬君の手があと少しで九影先生に届こうと言う時に不敵に笑って振り向いた
やっぱり?
「お前は隠し事が下手なんだよ。バレバレだ。」
「えー?!」
「サル!お前の考えたこったろうがな、俺はこういうやり方が大嫌いなんだよ!」
「ひーごめんなさい!!」
ったく、しょうがねーな、と一言。
ばれては仕方ない、と他の面々も出てくる

「やっぱり素直にお願いするべきでしたね、うふふ」
「本当だよ、ま、これはこれで面白かったがね?」
聖帝の天使と貴公子が微笑み会う・・・笑い事じゃないってば!

「キヌさん、葛城はここにおいとくぜ?ほれ、お前らもさっさと帰れ!」
「はい、お疲れ様です。あ、先生を送って下さいね?」
「そうだな、外真っ暗だしな」
「えーゴロちゃんが一緒に帰る!!」
「風門寺君は私が送ってあげよう」
「晃ちゃんか!?やっほー!ポペラッキー!」

ほれ、帰るぞ、と促されて、職員室を出る
手にはまだ、あのパンダを持ったまま。
「あの、九影先生・・・ごめんなさい!」
「ん?何がだ?あ、それよりその帽子貸せや」
「あ、どうぞ」
「あいつらも居ねぇし被ってみるか。お、こりゃあったけぇな」
「本当ですか?」
顔が見えないと抗議しようとしたら、どうだ?と九影先生が振り向いた
その瞬間

パシャ!パシャ!

携帯のカメラから、デジカメから、無数のフラッシュが光った
「いい顔してんじゃねーの?たろーちゃん?きっしっしっしっしっし」
「お、お前ら!!」
「まあまあ、いざとなったら僕が全部消しますからね、うふふふ」
消す!?
行くぞ、と言われて手を引かれた
お前が被っとけ!と言われて、パンダを深く被されて
照れた九影先生の顔を見損ねた

あ、そういえば私だけ九影先生がパンダをかぶった時の顔、見てない・・・

ま、いいか。それより、今は真っ赤に耳を染めてる方が可愛いから。

<終わり>

2008.11.26 Wed l VitaminX l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://umetoro7.blog40.fc2.com/tb.php/21-c05a00cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。